JOURNAL

冷たい水と氷でじっくりと淹れることで、苦味、渋みを抑え、茶葉の旨味、甘みを存分に引き出すことができる氷出し緑茶。クリアな耐熱ガラスの「UNITEAワンタッチティーポット」なら、大きめの氷もスムーズに淹れることができ、お茶の美しいグリーンも目に鮮やかです。

 

 

 

 

 

長崎県東彼杵町で丹精込めて作られた銘茶「そのぎ茶」の新茶を氷出しで淹れてみました。

 

 

 

 

 

1. ポットにお茶を適量入れます。

 

※ 1人分 茶葉 4g、水100ml を目安としています。茶葉、水の量はお好みで調整してみてください。

 

 

 

 

 

2. 常温の水をポットに注ぎます。

 

 

 

 

 

3. 茶葉が開いたら適量の氷を入れます。

 

 

 

 

 

4. ひんやりとポットが冷たくなったらグラスに注ぎます。

 

 

 

 

 

 

リッドとストレナーが一体になっているKINTOのワンタッチティーポット。ホットだけでなく、コールドティーにも活躍します。

 

 

左から

 

UNITEA ワンタッチティーポット 460ml >shop now

 

CAST ティーポット 700ml >shop now

 

ONE TOUCH TEAPOT 450ml ステンレス >shop now

 

 

 

 

 

 

ページトップへ