JOURNAL

2017年 Autumn & Winter 新作コレクションの入荷がスタートしました。秋冬の季節だけでなく、一年を通して愉しめるアイテムが揃っています。

 

*一部商品は8月下旬以降、発売開始予定です。

 

 


 

 

 

豊かな香り、自分に馴染む温度、アウトドアでも美味しさを手に
こだわりの一杯を持ち歩く TRAVEL TUMBLER (トラベルタンブラー)

 

飲み心地の良さにこだわり抜いた携帯タンブラー。真空二重構造により、優れた保温 保冷効果を発揮します。ネジなどの突起がなく口当たりの良い飲み口は、氷や熱い飲み物が勢いよく出ることを防ぐ構造で、最後までストレスなく飲みほせます。広い開口部で氷や飲み物を入れやすいボトル本体は、高品質なステンレス素材。内側は電解研磨を施すことでコーヒーなど飲み物本来の風味を愉しめ、匂いや茶渋などの汚れがつきにくく、清潔です。カラータイプの表面には、傷がつきにくく扱いやすいパウタダーコーティングを施しています。コンパクトなフォルムで車や自転車のドリンクホルダーに納まり、密閉でき、持ち運びに便利です。

 

 

>> TRAVEL TUMBLER (トラベルタンブラー)のページへ

 

 


 

 

 

最後の一滴まで思いのままに注げ、コーヒーの時間を至福のひとときに
上質でストレスフリー POUR OVER KETTLE (プアオーバーケトル)

 

コーヒーをドリップする際に、湯の落ちる位置や量をコントロールしやすい注ぎ口、傾けても落ちないフラップ式の蓋、指にフィットして長時間使用しても疲れにくいハンドル、洗いやすさなど、使い心地の良さを追求し、使用する上でのストレスを最小限に抑えています。安定感があり、場所をとらないコンパクトなフォルムで、主張しすぎない佇まいが静かな存在感を放ちます。白と黒のコントラストが鮮やかな新色ホワイトが登場です。

 

>> POUR OVER KETTLE (プアオーバーケトル)のページへ

 

 


 

 

 

シャープなラインと陰影が奏でるグラデーション
凛とした空気感と静かな存在感のあるコーヒーウェア OCT (オクト)

 

デザインインスピレーションの源は南宋時代の八角瓶。八角形をベースに構成したシャープなラインと陰影が美しいコーヒーウェア。下から上に八角形から円へと繋がるラインとその微妙なグラデーションを共通のデザイン要素として、ドリッパー、カップ、ソーサーを構成しています。カップのラインにはスピード感をもたせ、ハンドルの形状もそれを邪魔することなく引き立てるよう設計。ドリッパーの形状は真上から臨むと楕円のようでありながら、実は正円の形であるというユニークな魅力を兼ね備えています。
大きなカーブを描いた縁のシルエットが特徴的なブリューワーは、ハンドルがなくても持ちやすく、ペーパーフィルターの着脱がしやすい設計。カップとジャグのハンドルはシャープな印象ながら持ちやすく、カップの口縁は薄く口当たりの良い仕上げ。艶やかな釉薬と磁器の質感とほどよい緊張感のあるフォルムで、インテリアとしてディスプレイ しておきたくなる佇まいです。

 

>> OCT (オクト)のページへ

 

 


 

 

 

SLOW COFFEE STYLE Specialty (スローコーヒースタイルスペシャルティ)
SCS-S04

 

鋳物ならではの無骨な表情をみせるブリューワースタンドと、味わい深い釉薬を施した磁器製ブリューワーのセット。スタンドは高さを調節できるので、1人用のカップから背の 高いサーバーまで、様々な容器と組み合わせて使用できます。スタンドのリンク内側はブリューワーの側面とフィットする安定感のある構造で、エッジの利いたシンプルなデザイン。耐熱ガラス製のサーバーは抽出量の目安となる目盛りが付き、ホルダーにはドリップ後のブリューワーを直接置けるので周辺を汚すことがありません。

 

* 2017年8月下旬 入荷予定

 

 


 

 

 

デザインと機能の端正なバランス
使い込む程手に馴染むスタンダードなキッチンツール TAKU (タク)

 

キッチンからダイニングへ。道具としての使いやすさを追求した上で、食卓での佇まいを意識したデザイン。ミニマムでシャープなフォルムは、味わいのある竹と磁器の素材を用いることで日常のテーブルシーンに調和をもたらします。絞る、擦る、切る、という細かい動作がストレスなくスムーズに行え、片手に収まるコンバクトなサイズで、縁をしっかりと抑えられ安定感があります。料理と食事の時間が嬉しくなるデイリーユースの調理道具です。

 

>> TAKU (タク)のページへ

 

 


 

 

 

丹精込めて作られた生命力溢れる食材 季節を感じながらいただく料理
テーブルを囲み語らう至福の時間 美味しいをシェアする KAKOMI (カコミ)

 

落ち着いたギャザリングシーンにフィットするバーニャカウダとチーズフォンデュのポット。味わいのある釉薬とシャープな形状が特徴的なポットは上下にパーツがわかれる構造で、上のうつわを電子レンジに入れて調理することができます。下の台の小さな窓は、キャンドルが直接見えないデザインで、柔らかい灯が寒い季節の食卓を暖かく演出します。

 

>> KAKOMI (カコミ) フォンデュポットのページへ

 

 

 

 

ページトップへ